美しい山並みと南アルプス天然水
南アルプスエリア 白州・武川

白州・武川の見どころ・楽しみ方

三つの日本百選(名山・名水・名道)に選ばれている、歴史と自然環境に恵まれた「白州」。名峰甲斐駒ヶ岳を背に古い町並みの雰囲気を残す旧甲州街道、どこまでも澄んだ水面や渓流が続く尾白川、大自然の四季折々の姿をたっぷりと堪能させてくれるエリアです。

国道20号線から脇道へと入ると旧甲州街道・台ケ原宿。そこは江戸時代に宿場町として栄えた街並みがまだ色濃く残り、古い民家や蔵、情緒ある酒蔵や和菓子屋が並んでいます。日本の道百選にも選ばれています。

春には樹齢1,000年といわれる「実相寺の山高神代桜」、「眞原の桜並木」などの有名な桜のスポットにも多くの人々が訪れます。

石空川渓谷の「精進ケ滝」
サントリー白州蒸留所
300年の受け継がれてきた酒蔵「七賢」
300年の受け継がれてきた酒蔵「七賢」
樹齢1,000年の山高神代桜
南アルプス天然水の清流が流れる「尾白川」
南アルプス天然水の清流「尾白川渓谷」
山頂の奇岩が特徴的な「日向山」
山頂の奇岩が特徴的な「日向山」
白州名水公園べるが
白州名水公園べるが
武川水車の里
武川水車の里
眞原の桜並木
眞原の桜並木